太陽光発電に対する補助金

補助金活用で、太陽光発電導入で10万円以上得する!

太陽光発電に対する補助金

 

システム一式の価格は、おおよそ180万円から250万円ほど。太陽光発電システムは、各家庭で導入する物の中では高額な部類に入ります。

 

しかし、エネルギー政策の助けとなる事から、国や、都道府県、市区町村からの補助金制度が設定されています。

 

2012年現在の、太陽光発電に対する国の補助金制度は、発電システム1kWあたりの価格が47.5万円以下のものには3.5万円、1kWあたり55万円以下のものには3万円が、システム1kWにつき補助されます。

 

今のところ家庭用太陽光発電システムは3kWから4kWのものが主流ですので、これだけで大体10万円前後の補助になります。

 

この補助制度は、平成23年度に一旦終了したものを、補助の区分を仕切り直して作ったものです。対象となるのは、平成24年度から平成25年度までに申し込んだものですので、現行の補助金を受けたい場合は早めに申し込みをする事をお勧めします。

 

また、地方自治体からの補助も大体国からの補助と同じく、システムのkWあたりで金額を決めていたり、上限を設けて定額幾ら、というような形で実施されています。細かい部分はそれぞれの自治体によりますが、ほとんどの場合、これらの補助金は重複して受ける事が可能です。

 

一例を挙げますと、東京都で4kW、190万円の太陽光発電システムを導入すると、国から3.5万円×4=14万円、東京都から10万円×4=40万円、区から8万円×4=32万円の合計86万円の補助を受ける事が可能ですので、実質ほぼ半額での導入が出来ることになります。

補助金、まだ間に合いますか?

補助金の額や基準は毎年変更されます。もちろん予算に達し、中止される場合もあります。お住まいの地域によっては、国、県、市区町村からの3箇所から補助金がでるところもありますが、刻々と状況は変化しております。

 

補助金などの最新情報は太陽光発電業者が把握していますので、見積もりを取ると良いでしょう。

 

おすすめは一括無料見積もりサービスです。完全無料で利用できますので、お気軽にご活用ください。

 

太陽光発電の一括見積もり(無料)はたくさんありますが、一番私が良いと思うのがタイナビです。ここは利用者が多いだけあって安心して使えるサービスとなっています。