失敗しない太陽光発電の見積もりの取り方

見積もりを取るときの注意点

失敗しない太陽光発電の見積もりの取り方
最近の太陽光発電システムは家庭での電力消費を大きく賄う事ができるようになりました。

 

また、固定価格買取制度のおかげで、導入が早ければ早いほど10年後の累計収入も大きくなります。

 

しかし、現状かなり高額な買い物である事も事実です。

 

納得のいく買い物をするためにも、まずはしっかりと見積もりを取ることをお勧めします。

 

見積もりを取る際には、太陽光発電システムを取り扱っている工務店に依頼してもいいですし、住まいの近くにメーカーのショウルームや代理店があるならそこにお願いしてもよいでしょう。

 

インターネットの無料見積もりサービスってどうですか?

 

また、インターネットを利用しての見積もりサービスというのも存在しています。サービスの活用は無料です。また、インターネットの見積もりサービスの場合は、一度の入力で最大5社に見積もり依頼ができるサービスなので、時間の節約というメリットがあります。肝心の価格も、ネットサービスの方が安くなるケースが多いようです。

 

この見積もりを取るときに気をつけたい点が2つあります。絶対大切なのが、必ず複数の施工業者に見積もりを出してもらう事とです。次に大切なのが、その見積もりの中にどんなサービスが含まれているか良く比較してみることです。

 

なぜ、業者により価格差があるのか?

 

失敗しない太陽光発電の見積もりの取り方
実は太陽光発電システムというものは、取り付ける建物によって色々と手を加える必要のある、いわばオーダーメイドの性格が強い商品です。

 

同じメーカーの商品でも施工業者により価格が全然違うということも当然のようにあります。

 

ご近所で太陽光発電をしているお宅があるから、あれと同じものを下さいと言っても、屋根の形や大きさが違っていたり、立地による日当たりの違いなどがあるため、その家に最適のセッティングが必要になるのです。

 

最終的には最大の発電効率が得られるものであれば良いのですが、そこに至るまでの調査や、設備、機器の組み合わせ、更にはメンテナンスの内容が重要になってきます。

 

よりご自身の住まいに合ったものを提供してくれるところを、きちんと選び出す必要があります。そのためは、必ず複数社に見積もりを依頼するようにしましょう。これが失敗しないコツです。

太陽光発電の維持費

メンテナンスフリーとは本当か?

 

かつて太陽光発電は、僻地や、環境の厳しい場所において使われる為、メンテナンスフリーという点が強調されていた事があります。

 

確かに、メンテナンスになかなか行けない無人灯台や、宇宙空間などで用いられているのは、太陽光発電システムですが、きちんとメンテナンスされた場合の発電量と比べると、差が出てくる事が分っています。

 

太陽光発電の発電パネルに使用されているシリコン樹脂の寿命が、おおむね30年程度と言われていますが、太陽光発電には発電パネル以外にも、パワーコンディショナーなどの設備も必要になります。

 

アフターケアを行っていない所は避けたほうが賢明

 

そこから、システム全体の耐用年数を考えると長くても15年が目処になってきます。

 

こうした認識は各メーカー側では十分広まってきており、大手有名メーカーであれば、設置費用に10年間から15年間のメンテナンス保証が含まれている所がほとんどです。

 

逆に言えば、いくら設置費用が安くとも、アフターケアを行っていない所は避けたほうが賢明です。

 

もし、交換修理となれば、発電パネルであれば1枚あたり7万円台、パワーコンディショナーであれば30万円弱に施工費用が掛かるわけですから、保証の有無が数万円の出費の差になって出てきます。

 

もう一つ、気をつけておきたいのが、売電メーターの有効期限です。実は、電気、水道、ガスといった設備に使われるメーターは、計量法という法律によって有効期限が決められています。

 

電気の場合ですと、10年経ったメーターは新規取替えになりますので、高額なカラー液晶メーターを使用している方は要注意です。

更新履歴